スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世界観】大正浪漫の世界

今日は大正浪漫の世界観というものを紹介したいと思います。

大正ロマンは、大正時代の雰囲気を伝える思潮や文化事象を指して呼ぶ言葉である。
19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動である「ロマン主義」の影響を受け、
大正時代の個人の解放や新しい時代への理想に満ちた風潮にかぶせて、このように呼ばれるようになった。
wikipediaより引用


大正浪漫を舞台とした漫画は以下のような作品が挙げられます。

■さよなら絶望先生



さよなら絶望先生(27) (少年マガジンコミックス)

さよなら絶望先生(29) (講談社コミックス)



■幻影博覧会など冬目景作品

幻影博覧会 3 (バーズコミックス)

冬・絵本 雪うさぎ (20周年記念展特別限定販売)


■おとめ妖怪ざくろ



おとめ妖怪ざくろ (6) (バーズコミックス)


■はいからさんが通る

はいからさんが通る(1) (講談社コミックスデザート (172巻))

はいからさんが通る(8) (講談社コミックスデザート (186巻))


■大正ガールズエクスプレス

大正ガールズ エクスプレス(2) (講談社コミックスキス)

大正ガールズ エクスプレス(1) (講談社コミックスキス)


画家で大正浪漫の世界を描くのは以下の人が有名です。

■竹久夢二






■蕗谷虹児







■高畠華宵





高畠華宵ー大正・昭和 レトロビューティー(らんぷの本)


■ファッション
大正浪漫の世界で重要な要素のひとつに、服装があります。
以下のサイトでは大正時代の服装について詳しく解説されていますので、参考にしてみてください。
フアツシヨン大正

以下のサイトでは袴のコーディネートの写真が閲覧できます。



ハカマレンタルドットコム




夢館





ハカマガールズ


■講座










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。